アトピー肌には保湿


アトピー肌は、水分保持力やバリア機能が低下しているため、乾燥しやすかったり、外部からの刺激を受けやすかったりと肌の炎症を起こしやすいです。女性なら肌荒れがひどくなると、化粧がしづらかったりしてつらいですよね。では、アトピー肌にはどんなスキンケアが必要なのでしょうか。

セラミドアトピー性皮膚炎の皮膚は、角質層のセラミドが不足しています。水分保持力や刺激から肌を守る機能は、セラミドをメインとした細胞間脂質が全体の8割ほどを担っています。そのため、セラミドが不足すると、外部の刺激をうけやすく、乾燥や炎症が起きてしまうのです。このような状態の肌では、刺激や侵入してきた異物を攻撃対象とみなし、体内の免疫細胞が攻撃を行います。この体内からの攻撃で肌に赤みやかゆみが出てしまうのです。

こういったことから、セラミドはアトピー肌ケアのために必要不可欠な存在です。このセラミドはケア製品から補うことができます。このため保湿化粧品を選ぶ際はセラミド成分配合のものを選ぶようにしましょう。その中でも、セラミドの含有用が多いものや肌に浸透しやすいセラミドナノスフィアであると効果がでやすいです。注意したい点として、同じセラミドでも石油原料のものは効果が薄いため原料をきちんと確認してください。

ue reading »',

日常生活で改善


アトピー性皮膚炎というと、ステロイドの塗り薬などで治療するのが効果的です。しかし、できることなら薬だけに頼らずアトピーを改善したいという人も多いのではないのでしょうか。アトピー肌にお悩みであれば、まず日常生活から見直すことが大切です。

お風呂まずは、身体を清潔に保つことが大切です。できれば、毎日入浴するようにして、血行をよくしましょう。また、アトピー肌は、バリア機能が低下していいますから、紫外線からの刺激にも弱いです。外出する時には、日焼け止めを塗るなどして、紫外線対策をすることが重要です。そして、衣類については、夏は吸湿性のよい素材、冬は保温性の高い素材を選ぶようにして、皮膚を刺激しやすい合成繊維などを避けることも大切です。

次に、部屋の掃除はこまめにすることが重要です。特にソファーやカーペットなどの布製品はダニやカビの温床となる可能性がありますから、定期的に掃除機や布拭きをしましょう。また、衣類の洗濯もこまめにして、身に着けるものも清潔にしておくように心がけましょう。

そして、栄養のバランスのとれた食事を摂るようにしましょう。特にタンパク質は、皮膚の材料となりますし、ビタミンやミネラルは、皮膚の新陳代謝を活発にしてくれます。これらの栄養素を意識して、バランスのとれた食生活を心がけてみましょう。また、腸内環境を整えることも大切ですから、便秘を改善することが大切です。糖分、脂肪分、香辛料、アルコール、トランス脂肪酸などの過剰な摂取は、かゆみを増やすことがありますので気をつけましょう。

ue reading »',

大人のアトピーとは?


アトピー性皮膚炎は、子供の疾患というイメージする人も多いかもしれませんが、最近は、大人になってからアトピーを発症する人が増えていると聞きます。どういったことが原因なのでしょうか。

実は、大人になってからアトピーを発症することはありません。アトピー性皮膚炎は、バリア機能が弱く乾燥しやすい肌に、何らかの負荷が加わることで症状がでます。一般的な症状は、皮膚が赤くなり、細かいぶつぶつができたり、肌がかさかさしたります。そして、強いかゆみを感じてつらいのが特徴で、大人や子供も関係なく、症状がよくなったり悪くなったりを繰りかえします。

ストレス例えば、大人なら環境変化によるストレスや睡眠不足、子供ならちょっとした風邪をひいて抵抗力が弱った時などに症状がでやすい場合があります。特に、子供は皮膚のバリア機能がうまく働かないため、肌を守る力が弱いことから、アトピー性皮膚炎になりやすいといえます。しかし、子供時代は、親が生活環境や食生活を整えてくれるため、大人になるにつれて、気づかないうちに自然治癒することが多いです。そして、大人になると自分で生活環境や食生活を整える必要がありますから、仕事や家事で忙しくしているとなかなか難しいものです。また、アトピー性皮膚炎は、遺伝の可能性もありますが、都会に住む人に多いため、都会病の一種ともされています。

このように大人になって急にアトピー性皮膚炎は基本的に発生しません。大人アトピーは忘れていいた症状が、何らかのきっかけでぶりかえしたことが原因です。

ue reading »',

肌トラブルの原因


肌が乾燥してかさかさしたり、赤みがでてかゆみが強くでてくきたりなどの症状に悩まされていることはありませんか?肌トラブルが続くとお化粧もうまくできなくて、女性なら気分が滅入ってしまうこともあるでしょう。もしかして、その肌荒れの原因は、アトピーかもしれません。

アトピーアトピーが大人になってから急に発症したと聞いたことはないでしょうか?アトピー性皮膚炎は、環境の変化によってストレスや睡眠不足などの負荷がかかることによって症状がでるとされています。実は、子供時代に発症すると思春期の頃によくなってきて、自然治癒することが多いです。子供時代は、親が生活環境や食生活を整えてくれることが多いので自然治癒することも多いです。そのため、気付かないうち治癒していることが多く、自分でもアトピーであったことを忘れてしまっている場合もあります。しかし、大人になってから、就職などで生活リズムが崩れたりすると、治まっていた症状がひどくなって症状がでてくることがあります。薬の治療をしないと症状が治まらないほどひどい場合もあります。そして、アトピーの発症する場所は、年齢によって違います。乳児は顔や頭、成長にともない体へ移ります。そして、思春期はひざやひじ、成人すると上半身に多い傾向があります。特に、顔の場合では一部の箇所に留まらず、顔の広範囲まで及んでしまうことやその部分の皮膚は湿り気を帯びた状態になります。

また、アトピー性皮膚炎というと、ステロイドの塗り薬などで治療するというイメージがあります。確かにそれも必要ですが、できることなら薬だけに頼らず症状を抑えるためには日常生活や食生活を見直し、改善することが重要です。そしてなによりも乾燥するアトピー肌には保湿が大切です。このサイトでは、アトピー肌のトラブル対策についてご紹介します。

ue reading »',