肌トラブルの原因


肌が乾燥してかさかさしたり、赤みがでてかゆみが強くでてくきたりなどの症状に悩まされていることはありませんか?肌トラブルが続くとお化粧もうまくできなくて、女性なら気分が滅入ってしまうこともあるでしょう。もしかして、その肌荒れの原因は、アトピーかもしれません。

アトピーアトピーが大人になってから急に発症したと聞いたことはないでしょうか?アトピー性皮膚炎は、環境の変化によってストレスや睡眠不足などの負荷がかかることによって症状がでるとされています。実は、子供時代に発症すると思春期の頃によくなってきて、自然治癒することが多いです。子供時代は、親が生活環境や食生活を整えてくれることが多いので自然治癒することも多いです。そのため、気付かないうち治癒していることが多く、自分でもアトピーであったことを忘れてしまっている場合もあります。しかし、大人になってから、就職などで生活リズムが崩れたりすると、治まっていた症状がひどくなって症状がでてくることがあります。薬の治療をしないと症状が治まらないほどひどい場合もあります。そして、アトピーの発症する場所は、年齢によって違います。乳児は顔や頭、成長にともない体へ移ります。そして、思春期はひざやひじ、成人すると上半身に多い傾向があります。特に、顔の場合では一部の箇所に留まらず、顔の広範囲まで及んでしまうことやその部分の皮膚は湿り気を帯びた状態になります。

また、アトピー性皮膚炎というと、ステロイドの塗り薬などで治療するというイメージがあります。確かにそれも必要ですが、できることなら薬だけに頼らず症状を抑えるためには日常生活や食生活を見直し、改善することが重要です。そしてなによりも乾燥するアトピー肌には保湿が大切です。このサイトでは、アトピー肌のトラブル対策についてご紹介します。

ue reading »',