大人のアトピーとは?


アトピー性皮膚炎は、子供の疾患というイメージする人も多いかもしれませんが、最近は、大人になってからアトピーを発症する人が増えていると聞きます。どういったことが原因なのでしょうか。

実は、大人になってからアトピーを発症することはありません。アトピー性皮膚炎は、バリア機能が弱く乾燥しやすい肌に、何らかの負荷が加わることで症状がでます。一般的な症状は、皮膚が赤くなり、細かいぶつぶつができたり、肌がかさかさしたります。そして、強いかゆみを感じてつらいのが特徴で、大人や子供も関係なく、症状がよくなったり悪くなったりを繰りかえします。

ストレス例えば、大人なら環境変化によるストレスや睡眠不足、子供ならちょっとした風邪をひいて抵抗力が弱った時などに症状がでやすい場合があります。特に、子供は皮膚のバリア機能がうまく働かないため、肌を守る力が弱いことから、アトピー性皮膚炎になりやすいといえます。しかし、子供時代は、親が生活環境や食生活を整えてくれるため、大人になるにつれて、気づかないうちに自然治癒することが多いです。そして、大人になると自分で生活環境や食生活を整える必要がありますから、仕事や家事で忙しくしているとなかなか難しいものです。また、アトピー性皮膚炎は、遺伝の可能性もありますが、都会に住む人に多いため、都会病の一種ともされています。

このように大人になって急にアトピー性皮膚炎は基本的に発生しません。大人アトピーは忘れていいた症状が、何らかのきっかけでぶりかえしたことが原因です。

ue reading »',